ブライダルローンの申し込み方法

ブライダルローンの申し込み方法

ブライダルローンで現金貸付を受ける場合には、あらかじめ申し込みをすませておかなければいけません。ブライダルローンの申し込みが最も楽に済むのは、挙式を行う会場と提携して行われているブライダルローンです。

 

挙式一体型のブライダルローンの場合には、必要経費が最初から見積もりとしてはっきりしているため、自分で領収書などを集めて書類を作成しなくても自動的に必要総額を計算し、借入可能な金額の提示をしてもらうことができます。

 

しかしどこでブライダルローンを申し込むとしても、申し込みをしてから実際に借入が可能となるまでには審査のため少しタイムラグが発生してしまいます。ブライダルローンは通常のキャッシングなどに比べて有利な条件で貸付を行うため、審査は厳しく時間をかけて行われるためです。

 

申し込みから貸付開始まで平均でも2〜3週間を要することになっているため、書類の不備修正なども計算に入れ、少なくとも現金が必要となる1ヶ月前までには申し込みを開始できるようにしておきましょう。

 

ブライダルローンの審査は通常よりも厳しく行われるため、他の現金キャッシングのようなインターネットからの申し込みや無人契約機などで自動的に行われることはあまりありません。店頭に赴くまたは電話によって本人確認が行われます。

 

また、ブライダルローンは数百万円という多額の金額の借入を行うため、ほとんどの場合で連帯保証人または不動産担保などを求められます。

 

ブライダルローンの返済方法

ブライダルローンは低金利ながら数十万〜数百万円という多額を借入するものです。そのため、返済は数年に渡る長期に行うようになっていることがほとんどです。平均的なブライダルローンの返済計画を見ると、200〜400万円程度の借入の場合2〜4年で分割とし所定の金利をつけてゆく方式によって行われます。

 

ブライダルローンの返済方式は、「元利均等払い」方式によって行われることが多いようで、銀行系のブライダルローンを中心に、一定金額を毎月定められた期間払い続けることで期間内に返済が終了するようになっています。

 

ただし、返済期間ないにボーナス払いを設定していたり、臨時収入によって一括返済が可能になったような場合には、都度返済にあてる金額を変更することができます。

 

特に一括返済はその後の利息分となる金額を支払わなくてもよくなるお得なものなので、できるのであれば一括返済をしてしまうことがおすすめです。一括でなくてもボーナスなどで一気に返済にあてられる金額ができるのであればできるだけ返済にあてるようにした方がよいでしょう。

 

ブライダルローンを借入れ、きちんと計画に従って返済が完了できた場合には、その後の借入をするときに有利な大きな信用を得ることができます。結婚あとには住宅ローンや学資ローンなどさまざまに借入が必要となる場面が待っています。

 

ブライダルローンから信用を積み重ね、のちの借入時に有利な条件で多額の借入ができるようにしておきましょう。

page top